振袖選びのポイント

後悔しないための振袖の選び方・ポイント

~振袖のレンタル・購入方法の「正解」、お教えいたします~

成人式に着る振袖は、一生に一度のことだけに色々と悩むものです。
しかし、ポイントさえ押さえておけば、必ずお気に入りの振袖が見つかります。
ここでは、後悔しないための振袖選びのポイント・注意点などをお伝えします。

お肌が色白な方

お好みにより大体の色は合いますが、振袖の色目が濃い地ものを選んだ時は、
衿に明るいものを持っていき、お顔の肌とバランスを取るようにしましょう。
色目により、感じる感覚を参考までにあげておきます。

  • ピンク=可憐
  • 黒=シック
  • □白=爽やか
  • 黄色=元気
  • ブルー=クール

振袖試着の際、お嬢様が自分をどのようにを見せたいのかお店の方に伝えると、
それに合わせた色目を出してくれます。まずは自分の好みをはっきりさせましょう。

お肌が比較的濃い目の方

お肌が濃い目の方には、中和させる意味で、濃い色目を選ぶお店が多いのですが、
当店ではむしろ淡い系統・明るめの振袖をオススメしています。

晴着である以上、お顔映りは明るくしたいもの。
淡い色系統の振袖と、それに合わせたメイクをすることでお嬢様が輝きます。

「半衿(半襟)」次第でお顔映りが
さらにステキに?

着たい振袖でお顔が映えない場合には、重ね衿で調整をしてみてください。
特にお肌が濃い目の方が、色目の薄い振袖を選んだ場合、重ね衿に濃い色目のものを持ってくると、キレイにおさまることが多いですので参考にしてください

帯が、お嬢様の振袖の
「格調」「クオリティ」を高める!

人は、相手の顔と同時に、無意識に全体の中心、胴に視線が行きがちであることが分かっています。

着物の場合、胴に当たるのが帯です。そして、この帯が着物に対し弱く見えると、
バランス良く見えないことが多いのです。

コーディネートの仕上げは「半衿・帯締め・帯揚」

ディティールを綺麗に見せることが本当のオシャレにつながります。
特に、帯締めを一つ変えるだけで振袖全体の雰囲気が変わります。
面積だけで云えば、ごく「細い」パーツ。その細いパーツが振袖全体の雰囲気を変えてしまうのですから、気を遣って頂きたいものです。

小物のコーディネートにしっくりいかない場合、後々後悔することになりますので、ご注意ください。

振袖人気オススメStyle

  • 愛されスタイル
  • ふんわりスタイル
  • 古典系スタイル
  • 和モダンスタイル
振袖一覧を見る
  • スタイルコレクション
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 資料請求
Page Top